「『打てば、響く』大阪広域協組発足会」

4月22日夜、大阪北区のサンケイホールで大阪広域生コンクリート協同組合の発足会「打てば、響く」が開かれ、関連業界や労働組合代表ら約1,200名もの列席者が会場を埋め、業界の危機突破への出陣を祝いあった。
発足会は第一部で、主催者を代表して松本光宣理事長が挨拶。当初、46社・51工場でスタートした大阪広域協組がいまや100社を突破する勢いで組織率を高め、業界では最大の協同組合に成長したこと。この組織率強化のもとに経営の安定、取引関係の改善という本来の目的達成にむけて団結力と組織カ・行動力を発揮し、戦場に赴く戦士の気概で危機突破を、との決意を表明した。
続いて、来賓を代表して挨拶にたった岡本晃住友大阪セメント大阪支店長は、大阪広域協組が組織率の上昇によって市場形成力をもつに至り、協組機能の強化へ施策を進めていることに敬意を表明。セメント業界も広域協組の発展のために協力を惜しまず、建設産業史に輝かしい歴史を刻むことを呼びかけた。
そして、田中裕大阪広域協組副理事長兼営業本部長は、大阪広域協組の発展による再建は 業界に残された最後の道であること。時代にあった新たな発想の転換で前進することが業界の社会的使命であり、気合いを入れて取り組む決意の確認を呼びかけ、参加者全員でガンバローを三唱した。
第二部は、天鼓ライブステージとして日本舞踊家の伊瑳谷門取による「祝いの舞」を披露。続いて和太鼓集団「天鼓」による雄々しい太鼓の響きとシンセサイザーが会場を包み、列席者の健闘を鼓舞しあった。
「労働組合つぶしの大弾圧を許さない実行委員会」への賛同の呼びかけ 
PDF

9・25

労働組合つぶしの
大弾圧を許さない

座り込み集会

日時:9月25日(水)8:30~16:00
場所:大阪地方裁判所前公園(西天満若松浜公園)

好評販売中!
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…) 単行本 – 2019/1/30
連帯ユニオン、小谷野 毅、葛西 映子、安田 浩一、里見 和夫、永嶋 靖久(著)
内容紹介
レイシスト(差別主義者)を使って組合破壊をしかける協同組合、ストライキを「威力業務妨害」、職場のコンプライアンス違反の告発を「恐喝」、抗議を「強要」、組合活動を「組織犯罪」、労働組合を「組織犯罪集団」と言い換えて不当逮捕する警察。
いま、まっとうな労働運動に加えられている資本による攻撃と「共謀罪のリハーサル」ともいえる国家権力による弾圧の本質を明らかにする!
お問い合わせは、連帯ユニオンまで TEL:06(6583)5546 FAX:06(6582)6547
アマゾンでも購入することができます。
こちらから